卜伝の郷運動公園多目的球技場の夜間照明を増設しました!

2018/04/06

 卜伝の郷運動公園多目的球技場は、2019年に開催される第74回国民体育大会(いきいき茨城ゆめ国体)のサッカー競技会場になっております。このため、国体施設整備基準に基づく人工芝の全面改修工事を行うとともに、独立行政法人日本スポーツ振興センターの「スポーツ振興くじ」助成金を受けて夜間照明の整備(2基を新設、既存2基をLED化)を行いました。

 この整備によって、施設の夜間利用が半面(サッカー場1面)から全面(サッカー場2面)になるなど、身近にスポーツを楽しめる環境の充実を図りました。 

【平成29年度スポーツ振興くじ助成】

 ・助成事業細目名  

  地域スポーツ施設整備助成-スポーツ競技施設の大規模改修等-卜伝の郷多目的球技場外交及び照明設備整備工事

 ・助成金交付決定額 

  800,000,000円

 ・整備概要

  屋外照明の新設2基及び既存2基のLED化改修 ※サッカー場2面とも平均照度200lx以上

 卜伝の郷運動公園多目的球技場 完成 航空写真 

    スポーツ振興くじ助成表示の看板写真  HP用 卜伝の郷照明

カテゴリ:サッカー-新着情報



ページ上部へ